遺言書が必要なケース その④

内縁関係のパートナーに遺産を残したい

 相続について、遺言書が残されていない場合、内縁関係のパートナーは他人と同様の扱いとなってしまいます。内縁関係のパートナーを除き、亡くなった方の相続人が遺産を取得します。

 ここで、そもそも相続人との関係が良くない場合などでは、残されたパートナーの生活の基盤が失われます。

 将来この問題に法的な改善がなされるかもしれませんが、まずは遺言書を作成し、パートナーへの安全で速やかな遺産の承継を担保しましょう。

 

投稿者: uemurahitoshi

司法書士と税理士を兼業しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。