博愛とは

代表の植村です

博愛とは相手を全肯定することではない。
渋沢栄一が言うように、大隈重信は遠慮することなく自らの見解を直言するのを常とした。
しかし他方で自らへの批判に対しても寛容で、田中正造や尾崎行雄といった
いわゆるやかまし屋の人々を側に近づけて可愛がった
(こうした大隈の姿勢については詳しくは拙著『大隈重信』参照)。

そしてこうした「博愛」は、実は渋沢のものでもあった。
職を賭して戦うほどの激論を交して大蔵省を去りながら
しかしそれでも相手への信頼と敬意を忘れず
大隈と生涯親しく交わり続け
助け続けたことからもそれは明らかである。

投稿者: uemurahitoshi

司法書士と税理士を兼業しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。