遺言書コラム

相続、遺言書について

一般の方が思う遺言書のイメージ
  • 遺言書は財産のある方が書く
  • 法律が解決してくれるでしょう
  • 良くわからないから後回し

「遺言書」=「難しい」

あまり身近ではないので、言葉は知っていても
「今は関係ないから後回し」
これが、一般の方が抱く「遺言書」のイメージです。

なぜ最近「相続、遺言書」と言う言葉がクローズアップされてきたか

これは「核家族化」も一因であるようです。

そうなると、将来どうなるか?

色々な課題が浮き彫りになり「相続、遺言書」の懸念が出てくるのが現在になります。

そこで「みらいの話をしませんか?」と題して、専門家の立場から解説させていただきます。

この分野で一番わからないのが専門用語ですね。
まず始めに、用語解説から

相続ケーススタディ

ケース1
地方に住む高齢の夫婦と別居してそれぞれ独立している成人の子3名の場合

準備中!!

ケース2
地方に住む高齢の夫婦、奥様が痴呆を患っている場合

準備中!!

ケース3
事業で成功した高齢の夫婦、成人の子2名に相続したい場合

準備中!!

ケース4
事業で失敗し多額な借金をしている親が無くなった場合

準備中!!

遺言書は決してネガティブな事ではなく残された方へのメッセージになります。
  • 子どもたちへの心理的負担をなくすためのメッセージ
  • 残された家族の生活を守るため
  • 自身の亡き後、相続で不要な争いを避けて家族仲良く暮らせるため

「みらいの話をしませんか?」

相談件数、地域No1の専門家が親身になって相談に乗らせていただきます。
(相談実績 約500件)

土地財産、預貯金(債券含む)の相続相談もさせていただきます。
いざとなったときには遅いケースもあります、余裕のある時こそ考えるチャンスです。

相談は少し敷居が高いと思われるでしょうが、先ずは漠然とした内容からでも結構です。
様々な過去事例もありますので、皆様の内容は特別ではございません
お気軽にご相談下さい。

セミナー動画
①遺産の分割はどう行われるのでしょうか

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。